60年以上の歴史がある

立派な家

不動産の新築戸建ての歴史や変遷というと、我国で近代において始まったのは1950年代だといわれていて、かれこれ60年の歴史があります。
当初は戦後まもなくのことでもあり、住宅の機能さえ満たしていれば良しとした風潮もあったようです。
住宅融資も同時期に始まり、ローンを組んで住宅を購入することができるようになりました。
法律においても建築基準法が整備されて住宅としての基準が示され、あちこちで建てられるようになって行きました。
1960年代に入ると2階建てのものも見られるようになりました。
戸建てといっても注文住宅とは比べ物にならないほどに質素なものでした。
そのうちに政府の所得倍増計画等も発表されて、その伸びも期待され始めました。

物価や景気に左右される

鉄道路線も開発が進み、沿線沿いには分譲住宅が建ち並ぶようになって行きました。
幹線道路も多く作られるようになってそのうち自家用車も利用されるようになりました。
政府の所得倍増計画や国民総生産の伸びも大きくなって生活水準もだんだんと大きくなって行きました。
大都市圏を中心にスクロール現象が起きてベッドタウンと呼ばれる通勤圏が拡大して行きました。
この当たりから企画型住宅と呼ばれる工期短縮、画一部材や建材の一括仕入れによってハウスメーカーの企業の利益優先の販売方法が取られるようになって行きました。
中には高級分譲住宅と呼ばれるものも出現して来ました。
1980年代から2000年代まではバブル崩壊の時期もありましたが着工戸数は大きく伸びた時期です。
リーマンショックがあり全てが低迷し、東北大震災も起きました。
少子高齢化と共に新築件数は減り、替わりに中古住宅が見直されてリフォームを行うなどの新しい方法が取られるようになって来ました。
今後の動向としては物価の上昇や景気の状況に左右されると見られています。

見積もりはしっかり取る

不動産の新築戸建ての場合に注意すべき点とは、建設業が下火になって最近は建設業者や職人の人数も大幅に減っていると言われています。
よって長い経験を持つ職人の数も減少して、専門職とばかりとは言えない状況も出てきているかもし知れません。
見積もりも一括で見積もりを取り相場を掴んでおく必要がありますし、素人が施工を行った場合には手抜き工事もあり得ますから、施工段階においてポイントどころをおさえてチェックしておくことも必要です。
宅地開発を急ぐあまりに地固めの期間が不足して、工事に取り掛かっても地盤沈下を招くということも有り得ます。
宅地の場所が元どういう言われのする土地であったか確かめたり、地盤検査を行うことも時として必要になります。

オススメリンク



複数の業者に相談しよう

新築一戸建て住宅というものは、とても魅力的な物件です。
ただ、これに似たような物件というものもありまして、好みとしてはどちらかに分かれていくのが一般的です。
では、どのような物件があるのかといいますと、マンションです。Read more



まずは専門家に相談

マイホーム、これは多くの人が夢としている、または目標としているものです。
それだけ高い金額を支払って購入することになりますので、当然です。
一般的に販売されている新築一戸建て住宅というものは、多棟現場等で何棟も一緒に売Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

    建売住宅と注文住宅

    現在、建売住宅と注文住宅では建売住宅の方が人気を博...

    Readmore

    購入するいくつかの方法

    新築戸建ての不動産を手に入れる方法はいくつか存在し...

    Readmore

    まずは専門家に相談

    マイホーム、これは多くの人が夢としている、または目...

    Readmore